FC2ブログ
猛毒「カエンタケ」森林拡大、触れるだけで皮膚に炎症
読売新聞(ヨミドクター) 8月26日(金)11時45分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110826-00000304-yomidr-soci


猛毒キノコ「カエンタケ」の発生が滋賀県内の森林で広がり、県は注意を呼びかけている。

 カエンタケは表面に触れるだけで皮膚に炎症を起こすほか、食べると下痢、嘔吐、運動障害などの症状が出て、死に至る場合もあり、県は「触ったり食べたりしないよう、注意してほしい」としている。

 県森林センターによると、カエンタケは、円筒形のほか、手の指のような分岐したものがあり、15~3センチの大きさ。表面は赤色。1999年に新潟県で、2000年には群馬県で死亡した例があり、致死量はほぼ1本分の3グラムという。

 枯れたコナラの地中の根から生えることが多い。ナラ類の木々が大量に枯死する「ナラ枯れ」が近年、県北部から南部にも広がったため、カエンタケも県全域に分布し始めたという。今月、野洲、大津、長浜市内の広葉樹林内で見つかっている。

 同センターは「5本の指に入る猛毒キノコ。食べると小脳に後遺症が残ることもあり、気をつけてほしい」としている。



いつの間にかこんなことに・・・

拾い食いには要注意



masikotuをフォローしましょう

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 滋賀情報へ 
    ↑           ↑ 
最後までありがとうございます。ポチッ!一日ワンクリック応援よろしくお願いします



交通事故・労災・スポーツのケガ・ぎっくり腰・関節の捻挫・つらい痛みで
お悩みの方!当院にお任せ下さい!親切丁寧な治療で痛みの根治を目指します!

滋賀県米原市顔戸1279-1  ました接骨院
℡0749-52-0256 mail:masitasetukotu@yahoo.co.jp


スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記